代表紹介

あなたを助ける
ホワイトナイトになります!

代表税理士 廣田 隆幸

税理士を取り巻く環境は複雑化、困難化しており、全ての税理士がその業務に関係する全ての事柄に精通し、誤りなく、最適に、完璧にこなすということは困難となっています。
このような状況においては、医師や弁護士のように専門分野に特化して業務を進め、専門外の業務は他の専門の税理士と提携をして進めていく方法を取っていくことが必要になってきています。私は税務署・国税局において、国税調査官、国税実査官として多くの様々な税務調査を行い、複雑・困難な調査事案を企画・指導し、また調査審理、不服申立や訴訟に関する事務にも携わり、更に税務署長をはじめ数々の管理事務を経験してきました。

代表

私は、これまでの経験を活かして、税務調査対応専門の税理士となろうと思い至ったのです。 私は、個人の方から法人の方まで、ご依頼を受けた1件1件、それぞれの事案に深く関わって、最適な対応方法を立案し、具体的に対応することで、租税正義とお客様の要望や利益・財産を守りたいと強く思っています。
それが、私の税理士としての責務だと信じています。

また、一般の納税者の方だけでなく、税理士など資格のあるプロの先生方が税務調査の対応で迷う時にサポートをしていきたいと考えております。

税務調査に関する様々な相談に対応できる窓口として、ほわいと税理士グループを結成していますので、お気軽にご相談ください。

経歴

1960年
北海道旭川市生まれ 本籍地高知県
1983年
国立高知大学人文学部 卒業
1983年
国税庁(国税専門官13期)採用 高松国税局入局

  • 税務署在任時は、国税調査官(特別調査担当)、第1統括官、総務課長を経験
  • 国税局在任時は、個人課税課、課税総括課などで特別調査を担当するほか、施策の企画・調整・監理、国税局・税務署の税務調査や審理事務の管理・指導などに従事
  • この間、1991年5月、消費税法施行後、全国初の消費税法30条7項適用による消費税仕入税額控除全額否認決定事案を担当し、国税庁と連携して処理
2009年〜
京都府下税務署副署長

  • 国税局の審理官、企画課長、消費税課長、税務署長や個人課税課長を歴任
2018年
退官(定年3年前に辞職)

  • 大阪市都島区に廣田隆幸税理士事務所を開業
現   在
廣田隆幸税理士事務所所長、ほわいと税理士グループ代表

私は開業して間もないですが、税理士の方から多くの税務調査に関する相談を受けています。
そこで感じたのは・・・
税理士の皆様は、
①税務調査の対応に困っても、誰にも相談できない孤独な立場である。
②こと税務調査への対応に関しては、一般の納税者と変わらない方もいる。
③税務調査の実態や急所を余りわかっていないため、調査を嫌がる方が非常に多い。
ということです。近年、税理士は税理士業務や会計についてのスペシャリストとしてだけでなく、中小企業等の良きアドバイザーとして、①経営管理、資産管理、人事管理などに関する助言、②将来に向けた①事業の展望・計画や資産管理を含むライフプランの展望・計画などに関するアドバイス・提言、更に③事業承継や相続を前提としたあらゆる困りごとの相談という付加価値の高い業務を行うことも求められています。

現在の税理士は、税務・会計の専門技術・技能だけでなく、経済取引に関する広範囲で、深い知識や技能を身につけることが必要となっているのです。
一方で、税法をはじめとする各種法令や各種の制度は、毎年大幅に変更されています。
更に、企業活動の国際化、多様化、高度情報化などをはじめ、社会経済は凄まじい速さと大きさで変化しています。

税理士の扱う業務、納税者からのニーズは、近年大幅に増大し、関係する法律や制度、社会経済は、常に、短期間で大きく変化しており、業務を行う上で必要な知識、情報、ツール、スキルと求められる業務に対する責任は膨大なものとなっています。
このため、全ての税理士が、各自の個人的な能力だけで、その業務に関係する全ての事柄に精通し、誤りなく、最適に、完璧にこなすことは、実務上は、非常に困難となっているのです。

私は、このようの状況を鑑みて、医者や弁護士などが専門分野への特化を深化しているのと同様、税理士もその業務の中で自身の得意な分野に特化し、不得意な分野はその分野を得意とする他の税理士と提携することで、個々の税理士の負担とリスクを分散、削減しつつ、委嘱者に適正な業務を確実に提供できる体制を構築すること、そのことで税理士自身を守ること、が必要な状況になっていると強く考えました。
そして、このような状況に鑑み、これまでの経験を活かして、納税者や税理士の皆様を支援できることは「税務調査などの専門の税理士」になることと思い至ったのです。

税務調査、税法解釈等専門の税理士 廣田 隆幸
税理士が相談し、依頼する税理士 税理士が選ぶ税理士 税理士の顧問税理士

税務調査の対応・結果、節税スキームは、税理士の力量により大きく変わります。

重要な事実とその証拠を捉える能力、法令等を深く正確に理解する能力、調査担当者の調査の内容・程度や意図・処理方針を的確に見極め、その弱点を分析し有効な対応策を構築する力、争訟時の対応も見越しながら全体を俯瞰する力と交渉する力など、税理士の能力によって、調査の日数や調査の相手先、更に調査結果、つまり追徴税額や処分などが大きく変わります。
専門家に任せるのは、納税者と税理士先生の正当かつ最良の防御方法です!
税務調査の対応・結果、節税スキーム

私(廣田隆幸)のこと

私は、国税当局在職中、税務署・国税局において、多くの複雑・困難な調査を担当し、また調査の企画・指導・指揮を行い、更に、調査審理、争訟事務(不服申立や訴訟に関する事務)にも携わった上に、税務署長をはじめ数々の要職をこなしてきました。
また在職中に、国税庁及び全国の国税局のそれぞれの専門分野において非常に有能な多くの仲間と非常に親しくなり、永続的な友好関係を築きました。つまり、私は、調査事務=「攻撃」、審理・争訟事務=「防御」、国税当局の要職=「マネジメント」を、常に最前線で、自らが、のめり込んで、率先して取り組み、遂行してきたのです。
ですから、その経験と己の力に絶対の自信を持っています。

私(廣田隆幸)のこと

セールスポイント

  • 攻撃と防御の本質を真に理解しているから、国税当局の調査、納税者の実情、双方の弱点を分析し、真に有効な対応が可能なのです。
  • 国税当局の要職(マネジメント)を長期間経験し熟知しているから、トップに寄り添い、トップが納得する対応が可能なのです。
  • 現職時代に築いた人脈により、全国の非常に優秀な専門家と連携しています。
    私は、依頼を受けた事案の対応策を練る際、特別簡単な事案(単純な事実・証拠・法令の適用関係等)でない限り、必ず他の専門家と協議し、信頼する仲間の目でも検討してもらうことで多角的な検討を行い、必ず正しい答えが出る体制を構築し、実践しています。
  • 税務調査への対応、査察調査への対応、法令の解釈・取扱い、税務署及び国税局との交渉、不服申立の対応、税務訴訟の対応には絶対の自信があるのです。

はっきり申し上げます!
私は、「単に幹部になった、出世した国税OB」、「いわゆる『現職に顔が利くといわれる大物』OB」ではありません!!
実力で先生方を支援する税理士なのです!

現在私が顧問をしている税理士の皆様からは「本当はすごく偉い人なのに全然偉そうにしない。とにかく何でも相談しやすい。でも一旦仕事を依頼すると、回答は迅速で、その内容は、あらゆる角度から深く検討し、わかりやすく説明してくれるので本当にすごい先生です。」と評されています。

セールスポイント

廣田隆幸税理士の方針・お約束

私は、個人の方から法人の方まで、ご依頼を受けた1件1件、それぞれの事案に深く関わって、最適の対応方法を立案し、具体的に対応することで、租税正義とお客様の要望や利益・財産を守りたいと強く思っています。
それが、私の税理士としての責務だと信じています。

税理士の皆様
  • 本当にこれでいいか、どうしたらいいか不安。
  • 誰に相談したら良いかわからない。
  • こんなこと今更だれにも相談できない。
  • 他の税理士に相談するのをためらってしまう。
  • 実力あるOBに相談したいがコネがない。
  • OBに相談したいが実力がわからず不安。
  • OBに相談したが軽くあしらわれた。
  • とにかく税務調査に来てほしくない。
  • 調査担当者が納得してくれない

このような思いをしている税理士先生、悩んでいる税理士先生は是非ご相談ください。
真に調査対応能力のある当事務所に、税務調査への対応を任せることで、

  • ①事実・実情・書類などを確認し、最適な助言を、早期に、確実に行います。
  • ②ご要望に応じ、最適の対応を行うための具体的な支援(資料作成、面接‣出張、複数関与、複数受任・共同受任・復代理など)を行います。
  • ③調査の対象や範囲の拡大、調査期間の長期化や追徴課税というリスクを最小限に軽減することができます!
  • ④顧問先や税理士先生、皆様の精神的負担を軽減し、大切な時間を費消することを防ぎ、本業などに集中することができます!

普段は、かかりつけの医者で診てもらい、大変な時は、専門医に診てもらい、処置してもらうのと同じです。現在の顧問税理士は変わらなくていいのです!

納税者や税理士の皆さんが、大切なものを本気で守ろうと思うのなら、本当に実力のある専門家に必要な時にスポットで依頼するのが一番なのです!

重大な時の税理士選びは、医者選び、弁護士選びと同じです!
後悔しない結果を得るには 「餅は餅屋」、「医者が選ぶ名医」に任せることです!

方針・お約束

廣田隆幸税理士の主な業務

  • 税理士など士業の顧問(税務相談、助言・支援・資料提供など)
  • 税務調査などへの対応(税務代理、立会、相談・助言、資料作成など)
  • セカンドオピニオンの対応
  • 不服申立・税務訴訟への対応・支援、税務署及び国税局との協議・折衝
  • 税務相談(法令等の解釈、取扱、解決策)
  • 決算・申告及び将来に向けた検討・提案
  • 経営・財務・人事の管理等の支援
  • 各種勉強会・講演会・セミナーの講師など
主な業務
〔講演テーマ(抜粋)〕
今を生きる!(所要2~6時間)
事業や財産を守り、安心して、健康な人生を!相続税の対策、事業の承継、安心・充実した人生(QOL)など
知らないと損をするかも?! 税金の話(所要1~4時間)
譲渡、贈与、相続だけではありません。節税策だけでもありません。入・通院、介護、扶養に係る話や葬儀、遺品整理のことまで!
税務署は ここを狙う!(所要1~4時間)
資料情報の収集、申告内容の分析、各種照会文書の送付、自主的な見直し督促、税務調査の選定、調査のポイント
税務調査を受けたら・・・ 安心ですか?(所要1~4時間)
こう対応すれば・・・ 早く、安く終わります!
税理士先生が知っておくべき「税務署の実情」(所要1~4時間)
調査手続き施行後の税務調査の変化と対応(所要2~6時間)
こう対応すれば・・・ 早く、安く終わります!
“プロ向け 税務調査対応の真髄(弱点検討、交渉方法など)(所要3~12時間)
これを実践すれば大丈夫!

実績

講演会:講師
2018年11月14日 近畿税理士会旭支部 研修会
「調査手続き施行後の税務調査の変化と対応」
2019年6月17日 京都信用金庫 中京京信クラブ 講演会
「税理士先生が知っておくべき『税務署の実情』~知れば対応策も見えてくる~」
2019年11月9日 京都産業大学 会計人会 講演会
「税理士先生が知っておくべき『税務署の実情』~知れば対応策も見えてくる~」
租税教室:講師

社会貢献活動の一つとして租税教室開催に積極的に協力しています!
次代を担う生徒の皆さんと税について学ぶひと時は、大変有り難く、貴重な体験であり、毎回、新たな発見と大きな感動を与えてくれます!

2018年10月22日 大阪市立 都島小学校 6年生
2018年12月11日 大阪市立 桜宮小学校 6年生
2018年12月28日 大阪市立 内代小学校 6年生
2019年1月15日  大阪市立 友渕小学校 6年生
2019年2月6日  大阪市立 桜宮中学校 3年生
2019年12月11日 大阪市立 高殿小学校 6年生

自信を持って申し上げます!
本物の税務調査のスペシャリストが あなたを助ける白馬の騎士(ホワイトナイト)となります!お任せください!!
税務調査をはじめ、様々な相談に対応できる窓口として、各業種の専門家が連携する「ほわいと税理士グループ」を結成しています。お気軽にご相談ください。

廣田 隆幸